美容と健康と人生

こちらのサイトから人生を見直す

子どもに英語は何歳から習わせるべき?後悔しない英語教育3つのポイント

ご存知でしたか?

日本人は英語を使用しているようで本当はあまり英語の本質を理解していないことを。

例えば、「R」と「L」の発音や英語の文法などです。

英語の基礎からできていな方が多く、読み書きはできるのに英語を話せない、聞けない人が日本人は多いです。

ではこのような現象を起こさないために最も効率の良い英語の勉強方法はなんのか紹介します。

これからの時代、英語は必要になることが多いです。

これからの時代を生きるためにも英語の勉強は必須になることでしょう。

3歳から英語を覚えさせよう!3歳から英語を覚えさせる理由

英語を覚えさせるのは早ければ早い方が良いのですが、

あまり早い段階から英語の勉強を冴えても効率が悪いですし、

勉強にかかる時間も費用も多くかかってしまいます。

そのため、子供に英語を覚えさせるのにオススメの年齢は3歳からです。

ではなぜ3歳から英語を学ばせた方が良いのか紹介しますので、

「英語を覚えさせたい」「英語はこれからの将来必要になる」と思っている方はぜひ参考にしてください。

 

「英語耳」が身につきやすい!

3歳から英語を勉強させることによって「英語耳」が身につきやすくなります。

英語耳とは、英語を聞き取るために必要になる耳のことです。

人間の耳は3歳から7歳にかけて急速に発達するようにできており、

この時期に英語を聞かせることによって、

英語と日本語の発音の違いを認識しやすくなります。

3歳からの英語勉強には環境づくりが大切で、

学校教育のように覚えさせる方法では子供は飽きてしまい英語を覚えようとしません。

そのため英語を覚えてもらうには、

子供が楽しい!と思えるように勉強させる必要があります。

英語を話せない方は、

子供を楽しく英語について勉強させれないと思いますので、

英会話教室に通わせる必要がありますね。

英語の発音と日本語の発音は全然違う!

なぜここまで3歳という幼い年齢から英語を勉強させないといけないのかというと、

英語の発音と日本語の発音が全く違うからです。

英語の発音と日本の発音が似ていれば、

何歳から勉強させてもすぐに聞き分けることができます。

ですが英語の発音と日本語の発音が違うので、

耳の機能が完成した状態で勉強を行うと、

英語の発音の聞き分けが難しくなってしまいます。

そうならないためにも子供のうちから勉強させれば、

英語のリスニング力が向上することによって英語の習得が上がるのです。

子供に英語を覚えさせるのにオススメの教室

ではどこで英語を勉強させれば良いか悩んでいる方のために、

オススメの英会話教室を紹介します。

こちらの教室がなぜオススメなのかというと、

・オリジナル教材

・遊びながらの英語勉強

・海外イベント

があるからです。

先ほども解説した通り、

3歳という幼い年齢は英語を楽しみながらではないと勉強することができません。

こちらの教室では子供が楽しんで英語を勉強できるように、

このように工夫しながら教えてくれます。

あなたも英語の勉強に限らず、

勉強をするのなら楽しい方が良いですよね。

また教室に通うことによって、

英語圏の文化にも触れることができます。

幼いうちからいろいろな文化に触れることは非常に良いことです。

日本とは異なる文化に幼いうちから触れておくことによって、

いろいろな種類の人々がいると認識し、

いじめをしないように育ったり固定概念に捉われない発想をしたりするようになります。

気になった方↓